2017年03月16日

『ゴーストリコン ワイルドランズ』

いよいよ国内でも3月9日に発売となるUbisoftの新作オープンワールドミリタリーシューター『Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands(ゴーストリコン ワイルドランズ)』。本作は南米ボリビアを舞台にしていますが、同国の政府がゲーム内での描写についてフランス大使館に正式な苦情を申し立てたと発表しました(Ubisoftの本社はフランス)。

ロイターなどの報道によると、カルロス・ロメロ内相は記者団に対し、ボリビア政府がフランス大使に書状を送り、法的措置を取る権利の保有を主張するとともに、フランス政府に介入するよう要請したと報告。「我々はこれを行う(訴訟を起こす)権利があるが、まずは外交交渉の道を選ぶことを好む」と語ったそうです。


ボリビアはコカインの原料となるコカの葉の生産量が世界第3位。ゲームの『Ghost Recon Wildlands』では、プレイヤーが特殊部隊「ゴースト」となって、ボリビアの地を手中に収めた巨大麻薬カルテルを壊滅させるというストーリーが描かれます。

Ubisoftは本件に対し、ゲームは“フィクション作品”であり、ボリビアがゲームの舞台に選ばれたのは“壮大な景色と豊かな文化”が理由との声明を発表。「ゲームの設定は今日のボリビアとは異なる現実を描いていますが、私たちはインゲームの世界が同国の美しい地勢に近いものになることを望んでいます」などと伝えています。  

Posted by chopnhoang at 17:44Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月12日

『オーバーウォッチ』

スクウェア・エニックスは、ブリザード・エンターテインメント開発のアクションシューティング『オーバーウォッチ(Overwatch)』のPS4向け期間限定無料体験版を配信すると発表しました。

今回配信される無料体験版は、現時点まで実装された22名全てのヒーローと全マップが利用可能、レベルアップやカスタマイズアイテム入手のトレジャーボックス、そして各ゲームモードも制限なくプレイ可能です。この体験版でプレイした内容は同アカウントで購入した製品版へと引き継がれます。

国内でPS4向け無料体験版は、9月10日午前3時から9月13日午前8時まで開催予定。PS Plus未加入者も利用出来ます。  

Posted by chopnhoang at 16:27Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月20日

『オーバーウォッチ』アップデート配信

Blizzard EntertainmentはPC版『オーバーウォッチ(Overwatch)』に新ヒーロー“アナ”の追加や、一部ヒーローに修正を加えるアップデートを配信し、海外向けパッチノートを公開しました。

今回のアップデートではサポート×スナイパーの特性を持つ“アナ”がプレイアブルキャラクターとして追加され、“D.Va”のスキル「ディフェンス・マトリックス」や「自爆」、“ゼニヤッタ”の基礎能力に変更が加えられます。“マーシー”のダメージブーストの重複制限を始めとしたそのほかの修正はパッチノート(英語)から確認可能。メタに大きな影響を与え得る修正も施されているため、「ライバル・プレイ」に挑むプレイヤーは要チェックな内容と言えるでしょう。

また、今回のパッチからマッチ中に発生する“オーバータイム”の仕様に調整が加えられ、「ライバル・プレイ」の同一ヒーロー選択にも制限が課されます。なお、現段階で国内PS4/Xbox One版へのアップデートは予告されておらず、配信スケジュールについても明かされていません。  

Posted by chopnhoang at 16:24Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月09日

「ぼくたちのプロマネ!」が今夏配信決定。出演声優も発表

 株式会社南国ソフト(本社:東京・目黒区 代表取締役社長:森下浩二)は、昨年の東京ゲームショウ2015にて参考出展いたしました、iPhoneおよびAndroid端末向けゲームアプリ、『ぼくたちのプロマネ!』を、豪華声優陣を迎えて、今夏配信することを発表しました。

 今回の発表にあわせて、公式サイトを公開。キャラクター紹介、メインキャスト情報など最新情報を掲載!今夏の配信に向けてキャストインタビュー、ゲームシステムやトレイラーなど最新コンテンツを公開予定ですので是非ご期待ください!

「ぼくたちのプロマネ!」とは

『渋谷のITコンサルティング会社を舞台とした等身大の職場恋愛ADV!』

 若く優秀なエンジニアだが将来に漠然とした不安をいだく主人公が、ひょんなことからプロジェクトマネージャー(プロマネ)に!
 腕は立つが人と交わらないエンジニア、人懐っこい笑みで狙った案件は逃さない営業、そして、すべてをトップクオリティでこなすスーパーウーマンの上司。一癖も二癖もある女性陣に囲まれ、プロマネの仕事をこなしながら自分の進むべき道、生き方を見つけることができるのか?

等身大の登場人物たちに命を吹き込む豪華声優陣!

 主人公に泰勇気さん、メインヒロインに伊藤静さん、高橋李依さん、髙野麻美さんを迎え、その他のキャラにも豪華声優陣にご出演頂いています!

主人公:泰勇気
メインヒロイン:伊藤静/高橋李依/髙野麻美
サブキャラクター:綾瀬有/安齋龍太/飯田奈保美/石上美帆/佐原誠/手塚ヒロミチ/長瀬ユウ/藤澤雄生/藤吉浩二/村上和也/吉村和紘/代永翼  

Posted by chopnhoang at 16:46Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月07日

『ファイナルファンタジー XV』!

海外ゲーム誌Game Informerは、同誌5月号のカバーを飾るのは『ファイナルファンタジー XV』であることを明らかにしました。誌面では20ページの特集記事が組まれ、独占情報を含む新たな詳細を紹介するそうです。Game InformerのYouTubeチャンネルでは特集内容を予告するトレイラーも公開されています。

『ファイナルファンタジー XV』はPS4/Xbox Oneを対象に9月30日発売予定。なお、GI誌5月号は今後1~2週間で購読者向けに登場。デジタル版購読者は本日より利用可能です。  

Posted by chopnhoang at 12:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月19日

『The Division』

発売初週で3億3000万ドル売り上げるなど、大きな成功が報告されているUbisoftの新作『Tom Clancy's The Division(ディビジョン)』。本作公式サイトにて、新アップデートを来週に予定していると告知されました。

アップデート内容の詳細については近日中に改めて告知が行われるとのこと。公式サイトでは「今後のロードマップはすごく刺激的で、これは始まりに過ぎない」と伝えています。なお、本作の大規模アップデート予定は4月と5月の無料コンテンツ配信、6月からのシーズンパスコンテンツ配信が告知されていました。来週配信を予定しているアップデートを含め、続報に注目が寄せられます。  

Posted by chopnhoang at 17:21Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月12日

『Diablo II』

2015年に旧作タイトルに関わる開発者の募集を行っていたBlizzard Entertainmentですが、今から約16年前に発売されたアクションRPG『Diablo II』向けに、最新パッチ“1.14a”をリリースしました。

今回のアップデートは現行オペレーティングシステムにおける不具合の修正に重点を置いており、OSX用の新たなインストーラーが含まれています。また、Blizzardはチート検出やハッキング防止機能を向上させる作業にも着手しており、日々改良に努めているとのことです。

Blizzardは現在も世界に存在している大きな『Diablo II』コミュニティーに感謝を示すとともに、本作のサポートを今後も続けていくことを伝えています。  

Posted by chopnhoang at 12:20Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月04日

『Obduction』

『Myst』シリーズを手掛けたことで知られるCyan Worldsより、PC向け新作アドベンチャーゲーム『Obduction』の予告トレイラーが披露されました。その幻想的な世界観はまさに『Myst』さながら。新たなる幻想的冒険譚の一端が詰め込まれた映像を、1分強ほどにわたって堪能できます。Cyanいわく「ピュアな人にとってネタバレになるかもしれない」とのことなので、予備知識無しで本作に挑みたい方は注意してください。

本作のBGMを手掛けるのはCyan World代表Rand Miller氏の兄弟でありながら、『Myst』共同開発者であるRobin Miller氏。1997年にゲーム業界の第一線から退いた彼にとって、ゲーム音楽制作は『Riven』以来のことになるのだとか。アドベンチャーゲームの老舗が贈る『Obduction』は2016年6月リリース予定。公式Webサイトではスクリーンショットのほか、開発者ダイアリーなども公開中です。  

Posted by chopnhoang at 18:16Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月26日

『アサシン クリード アイデンティティ』

2014年、ニュージーランドとオーストラリア向けに先行配信されていたUbisoftのiOS用スピンオフタイトル『アサシン クリード アイデンティティ(Assassin's Creed Identity)』。本作の海外向けローンチトレイラーがYouTubeにて公開中です。

本作は、ルネッサンス期のイタリアを舞台にしたアクションRPG。アサシンの目で探索し、豊富なミッションをクリアして「黒鴉団」と呼ばれる組織の壮大な謎を解き明かすことが目的となります。先日には、「全世界」で利用可能になると報じられていましたが、その情報通り、日本国内でも配信が開始。日本語も当然収録されており、600円で購入可能で、iOS 7以降を搭載したiPhone 5/iPad 3以降の機種に対応しています。なお、正式な配信日は不明なものの、Android版もGoogle Playを介して配信されるとのことです。  

Posted by chopnhoang at 17:41Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月22日

「PASELI」

コナミデジタルエンタテインメントは、セガ・インタラクティブと、アミューズメント機器における電子マネーインフラの整備において、共同で検討を進めることに合意したと発表しました。

各メーカーがゲームセンターなどのアミューズメント施設向けに電子マネーの導入を進めていますが、今回の協業により、交通系や流通系などの電子マネーと、コナミが独自展開している「PASELI」が、ひとつのシステム・機器で運用可能に。これには各社が提供する特有のサービスも含まれており、同システムに対応した筐体ならば「現金」「電子マネー」「PASELI」の中から好きな決済手段を選択できるようになります。

この共同インフラは2016年夏の提供を目指しており、同社は「アミューズメント施設における電子マネーの導入は、アミューズメント施設利用者や店舗運営者の利便性により、複数の電子マネーブランドが相互利用できるインフラ環境が求められています。両社は、アミューズメント業界の発展を共通の目的としたパートナーシップで、アミューズメント機器における電子マネー対応への取り組みを進めてまいります。」とコメントしています。  

Posted by chopnhoang at 17:06Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月14日

『スーサイド・スクワッド』

悪をもって悪を討つ。そんなヴィランズ(=悪役ども)が集結し、ヒーローさながら(?)の大活躍を見せる『スーサイド・スクワッド』の日本公開日が、9月10日(土)に決定! 併せて、初めての劇中写真も解禁された。

バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄された、ヴィラン(悪役)たち。死刑や終身刑となった彼らは、政府の秘密機関によって、減刑と引き換えに最悪の任務を強制される部隊“スーサイド・スクワッド”への入隊を余儀なくされる。精緻な狙撃手、狂気の道化師、ブーメラン使い、女侍、魔力の持ち主、ウロコに覆われた怪力男、必殺縄師、地獄の炎を操る男など、強烈な個性が揃った史上最“狂”のチームが誕生した――。

本作は、ヘンリー・カビルがスーパーマンを演じ、ベン・アフレックがバットマンに扮する3月25日(金)公開『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に続く、“DCフィルムズ”の第2弾。獄中で苦汁をなめたヴィランズによる史上最狂チームは、9月10日(土)、“苦汁(くじゅう)”の日に日本に上陸する。

先日、アメリカでいち早く公開された最新の予告編は、2日間で1,500万回を超えるペースで再生されるなど、瞬く間に世界中から注目を集め、その強烈過ぎるヴィランズの圧倒的存在感にしびれる人が続出。

今回解禁された劇中写真に登場するのは、うろこに覆われた怪力人間キラークロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)、彼らの司令官を務める軍人のリック・フラッグ(ジョエル・キナマン)、銃の達人で凄腕の暗殺者デッドショット(ウィル・スミス)に、左下はキュートでセクシーな魅力いっぱいのハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、右下はブーメランで戦うキャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)。そして、なんとセンターで異様な存在感を放つのは、カタナ。その名の通り、日本刀を使いこなすこのヴィランは、日本人の女優、福原かれんが演じている。

ただ、この写真以外にも“スーサイド・スクワッド”メンバーは存在しており、何よりバットマンの最大のライバルにして、泣く子も黙る最悪のスーパー・ヴィラン、ジョーカーの姿はまだない。

怪しい色気を醸し出す悪役たちに加え、最も有名なダークヒーロー、バットマンが本作に登場することも明らかにされている本作。これまでのヒーローモノで描かれてきた“正義VS悪”の方程式とは全く異なる、“悪VS悪”という新たな世界観は、完全に異色。正義と悪のボーダーラインも、さらには作品の垣根も超えて繰り広げられるキャラクターたちの競演に目が離せない。

なお、ワーナー・ブラザース映画では、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と本作を皮切りに、2020年までにDCコミック原作のアクション大作10作品の公開を予定している。

『スーサイド・スクワッド』は9月10日(土)より全国にて公開。  

Posted by chopnhoang at 18:03Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月01日

『Master X Master』

近年では傘下スタジオ開発の『WildStar』などで知られるNCsoftより、PC向け新作アクションMOBA『Master X Master』が欧米向けに発表されました。

『Master X Master』は切り替え可能な2キャラクターを操作するチームベース主体のMOBAタイトルです。PvPのほか、最大4人まで参加できるアクションRPG風のCo-opストーリーモードも実装予定とのことです。登場キャラクターは30種。NCsoftの名作『リネージュ2』や『Blade & Soul』、『Guild Wars 2』からのゲスト出演も予定されています。


NCsoft関連作のキャラクターや新感覚のゲーム性を意識した『Master X Master』英語圏公式Webサイトはこちら。「他のMOBAでは見られない新次元の戦略・戦術性」を掲げた作品として、北米および欧州に向けて2016年後半にもリリースされる見込みです。  

Posted by chopnhoang at 17:54Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月23日

オンラインRPG新作『The Division』

Ubisoftは、オンラインRPG新作『The Division(ディビジョン)』の海外クローズドベータテスト日程を発表しました。今回のテストはXbox One版が1月28日から、PC/PS4版が1月29日から開始予定で、終了日は1月31日になります。なお、本作のベータテストは英小売店情報から1月末に開始すると噂されていました。

本作のベータテスト用のコードは、PC版がSteamやUplay Shopなどで予約購入特典として、PS4/Xbox One版が一部販売店における早期予約特典として入手できます。なお国内における、クローズドベータ開始日程は現時点で未発表です。  

Posted by chopnhoang at 17:03Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月20日

The Witness

インディープラットフォーマ―『Braid』の開発を手掛けたジョナサン・ブロウ氏による新作3Dパズルアドベンチャー『The Witness』。PC/PS4/iOS向けにリリース予定の本作ですが、そのXbox One版の登場が伝えられています。

これは米国レーティング機関ESRBに登録されていた製品情報が更新され、対象プラットフォームにXbox One版が新規追加されたというもの。現段階で正式発表は行われていませんが、公式サイト上には、海外1月26日発売のPC/PS4版のあとにiOS版が登場、その後「その他プラットフォーム」版がリリース予定と記載されており、続報が待たれます。  

Posted by chopnhoang at 16:16Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月10日

『Just Cause 3』

国内での発売日1月21日が迫るシリーズ最新作『Just Cause 3(ジャストコーズ3)』。本作PC版用Modとして、グラップリングフックの長さを無限に伸ばすModが登場しました。

海外ModderのQub1氏が制作した本Modでは、前述のようにグラップリングフックの長さを無限にできるほか、長さを通常の2倍にすることも可能。加えて、グラップルスピードも設定できるようです。また、別の海外Modder、axello13氏はこのModを改良した「MODIFIED GRAPPLE HOOK」を配信。こちらでは、バグの発生を防ぐためフックの長さは10kmに固定されるものの、グラップルスピードをより高速にできるとのことです。  

Posted by chopnhoang at 17:42Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月27日

『DreadOut』

続いては、コーエーテクモの『零』シリーズに影響を受けた『DreadOut』をピックアップ。本作はインドネシアのデベロッパーDigital Happinessが生んだタイトルで、スマホのカメラを頼りに幽霊を倒していくアクション要素も存在しています。いわゆるジャパニーズホラーのエッセンスが散りばめられ、グラフィックこそハイクオリティではないものの演出は一級品。パズルを解かなければ進めない地点も数多く存在するため、多様なプレイフィールをもたらしてくれます。Steamページでは体験版も配信されているので、気になった方はそちらで一度確かめてみてもいいかもしれません。  

Posted by chopnhoang at 17:34Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月18日

『キングダムハーツIII』

スクウェア・エニックスが開発している人気アクションRPGシリーズ最新作『キングダムハーツIII(KINGDOM HEARTS III)』。本作海外向け最新トレイラーが現地時間12月19日に公開予定であると判明しました。

これを明らかにした『キングダムハーツ』海外公式Twitterによると、今回のトレイラーは来るホリデーシーズンに合わせて公開するようです。同時にアップロードされた画像には、サンタ衣装に身を包んだソラと、『キングダムハーツIII』、『キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ』のロゴが掲載。詳細な公開時間や内容、また、国内向け映像の公開については不明です。

『キングダムハーツIII』はPS4/Xbox Oneを対象に、『キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ』はPS4を対象に開発中です。  

Posted by chopnhoang at 21:53Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月16日

『Elite: Dangerous』

Frontier Developmentsが開発するMMO宇宙貿易&戦闘シミュレーター『Elite: Dangerous』。本作初の拡張パック「Horizons」が公式ストアにて配信開始、ローンチトレイラーが公開されました。

「Horizons」では、惑星探索要素に焦点を当てた大型拡張パック。今まで着陸できなかった惑星に着陸可能となり、惑星圏内での戦闘や地上探索車両による地表走行、採掘やサルベージなどを楽しめるようになります。また、2016年Q1にはLootとクラフトシステムを大幅に変更する大規模アップデートも予定されています。

本拡張はFrontier Developmentsの公式ストアにて先行販売されており、『Elite: Dangerous』本体を収録して価格は59.99ドル、本体を既に所持している場合は15ドルの割引が適用されます。Steam版の配信日は現時点で不明ですが、公式ストア版を購入すればSteam配信後にキーコードの生成が可能とのことです。  

Posted by chopnhoang at 17:29Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月07日

Airship Syndicate

先日、新プロジェクトの発表を告知していたAirship Syndicate。同社の共同設立者の1人、Joe Madureira氏の代表的なコミック作品「Battle Chasers」のゲーム化とコミック復活が公式サイトと海外メディアPolygonを通じて発表されました。

「Battle Chasers」は1998年にJoe Madureira氏によって制作されたファンタジーコミック作品。2001年までに9話が制作され、1990年代後半で最も人気のあるアメリカンコミックシリーズとして知られる作品です。

Polygonによると、ゲーム化される「Battle Chasers」はロールプレイング作品とのこと。現時点でゲームの詳細は明らかにされていませんが、同作品のキャラクター「Garrison」や「Gully」、「Galibretto」を操作でき、『Darksiders』とはメカニックが大きく異なるとしつつも、ダンジョン探索要素など、同様に冒険が特色になると伝えています。

本作は、10~15人規模の小さなチームで開発が行われています。対応プラットフォームはPCとコンソールを予定し、タブレットバージョンの開発も検討しているとのこと。また、開発資金調達先を探しており、現段階ではKickstarterやパブリッシャー、投資家など、どこになるかは決定していないと伝えています。

Polygonにて各キャラクターのコンセプトアートが掲載されています。興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。  

Posted by chopnhoang at 18:25Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月28日

PS4向けシューター『Drawn to Death』

『God of War』や『Twisted Metal』で知られるゲーム開発者デイビッド・ジャッフェ氏が手がけるPS4向け新作シューター『Drawn to Death』。サンクスギビングデーにあわせて海外PSNユーザー向けに開かれた同作「Private Access」第3弾の様子を収めたプレイ映像が、海外YouTubeチャンネルInMyOpinionGamingより披露されました。



「高校生のノートブック」を戦場にしたユニークなスタイルが特徴的な本作ですが、登場武器やキャラクターなどにもジャッフェ氏ならではの強烈センスが炸裂。棺桶から死人を発射するイカれたヘヴィーウェポン、「中二病妄想ノート」と呼んでも差し支えないようなキャラクターステータス画面にも要注目です。

本作のリリース時期は明かされておらず、ファンの間では「PlayStation Experience 2015にあわせて発売されるのでは」とも囁かれていたようですが、ジャッフェ氏は自身のTwitterでその噂を払拭。海外サイトPSNPROFILESでは本作トロフィーリストが明かされいるものの、更なる新情報の公開に期待が高まるところです。  

Posted by chopnhoang at 20:40Comments(0)TrackBack(0)