2017年11月01日

ロケットリーグ

デベロッパーPsyonixは、カーサッカーゲーム『ロケットリーグ』のニンテンドースイッチ版を海外で11月14日より発売すると発表しました。

同作は、車を操作してサッカーを行う対戦ゲーム。スイッチ版では既に発売されているPC/Xbox One版とのクロスプレイが可能であるほか、マリオやルイージなど任天堂の名キャラクターたちをイメージしたデザインの車やスキンなどが用意されています。また、今回の発表に際して、関係者によるSwitch版のプレイ映像が投稿されており、サムスをデザインした車両である「Samus' Gunship」などを用いたプレイの様子が披露されています。そのほか、SNSにおいて「#RLonSwitch」というハッシュタグが用意され、同作の話題を共有することが可能になっています。

スイッチ版『ロケットリーグ』は19.99ドルで海外で発売予定。国内向けのリリースについては伝えられておらず、続報が待たれるところです。


この記事へのトラックバックURL

http://tuithan.fukuokablog.jp/t13013
上の画像に書かれている文字を入力して下さい