2017年11月24日

ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」を発行するGzブレインは、株式会社ポケモンの3DS向けソフト『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の国内推定販売本数を公開しました。

それによると、同作は、2017年11月17日の発売日から3日間で120.0万本(ダウンロード版の本数は含まず)を売り上げた事が明らかに。さらに、同作が発売された週(2017年11月13日~11月19日)のニンテンドー3DS本体の売り上げは、前週(18,687台)のおよそ2倍の40,582台になったとのことです。  

Posted by chopnhoang at 17:33Comments(0)TrackBack(0)

2017年11月23日

『ストリートファイターV アーケードエディション』

カプコンは、『ストリートファイターV アーケードエディション』に新たに追加される新バトルスタイル「VトリガーII」の紹介動画を公開しました。
また、クリスマスコスチュームに加え、ノスタルジックコスチュームやあきまんデザインコスチューム第二弾が11月29日に配信予定です。  

Posted by chopnhoang at 17:17Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年11月17日

12・2W杯抽選会 日本の理想の組分けは?

18年W杯ロシア大会に出場する32チームが出そろった。15日に大陸間プレーオフ第2戦が行われ、ペルー(南米5位)が最後の出場権を獲得。ホームでニュージーランド(オセアニア1位)を2―0で下し、2戦合計2―0で9大会ぶり5回目の本大会出場を決めた。1次リーグの組み合わせ抽選会は12月1日(日本時間同2日午前0時開始)、モスクワで開催される。スポニチは日本にとって“天国”と“地獄”の組分けを予想した。

【写真】18年W杯ロシア大会1次リーグ抽選ポット分け。日本は第4ポット

 出場32チームが決まり、次の注目は1次リーグの抽選となる。2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指すハリルジャパンの運命を大きく左右しそうなのが、第2ポットのスペインだ。

 抽選のポット分けは、前回ブラジル大会は第1ポットだけFIFAランク上位でシードとし、残り3ポットは地域別に分けられた。今回は10月16日時点のFIFAランクで出場全チームが“実力順”に格付けされ、日本は出場チームで最も下位の第4ポットに入ることが決まっている。1次リーグは各ポットから1チームずつの計4チームで争うため、日本は格上の3チームと対戦することになる。

 10年W杯優勝のスペインはFIFAランク8位で、開催国ロシアと同上位7位までが入る第1ポットから漏れてしまった。今欧州予選でイタリアを2位に追いやり無敗で1位通過した強豪が入った組が、今大会で最も過酷な“死の組”となることが濃厚だ。15日付のアルゼンチン紙ナシオン(電子版)は「(第1ポットの)アルゼンチン代表にとって厄介な相手となるのがスペインとイングランド」と警戒しており、日本も同組は避けたい。

 一方で“天国”となり得るのが、開催国ロシアと同組になることだ。FIFAランクのポイントが高い予選がないとはいえ同65位は出場32チームで最下位。今夏のコンフェデ杯もニュージーランドには勝ったが、ポルトガル、メキシコに連敗し1次リーグで敗退した。チームは国内組中心で、かつてのFWアルシャビンのようなスターは不在。地元の盛り上がりはいまひとつで、プーチン大統領がコンフェデ杯前に「勇者のように戦え」と“注文”を付けたほど。日本が02年大会でW杯初勝利を挙げた験のいい相手が同組となれば、かなり楽な組み合わせとなる。

 【“天国”】▽ロシア FIFAランク65位。国内組中心でスター不在。地元応援もイマイチ。▽メキシコ FIFAランク16位。つなぐサッカーは、日本の堅守速効にはまる。▽チュニジア FIFAランク28位。欧州でプレーする選手は少なく国際経験不足。

 【“地獄”】▽ブラジル FIFAランク2位。優勝候補。日本は10日に完敗し心理面も不利。▽スペイン FIFAランク8位。第2ポット最上位。優勝経験と若手が融合。▽デンマーク FIFAランク19位。第3ポット最上位。プレーオフ突破し勢い◎  

Posted by chopnhoang at 10:05Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2017年11月01日

ロケットリーグ

デベロッパーPsyonixは、カーサッカーゲーム『ロケットリーグ』のニンテンドースイッチ版を海外で11月14日より発売すると発表しました。

同作は、車を操作してサッカーを行う対戦ゲーム。スイッチ版では既に発売されているPC/Xbox One版とのクロスプレイが可能であるほか、マリオやルイージなど任天堂の名キャラクターたちをイメージしたデザインの車やスキンなどが用意されています。また、今回の発表に際して、関係者によるSwitch版のプレイ映像が投稿されており、サムスをデザインした車両である「Samus' Gunship」などを用いたプレイの様子が披露されています。そのほか、SNSにおいて「#RLonSwitch」というハッシュタグが用意され、同作の話題を共有することが可能になっています。

スイッチ版『ロケットリーグ』は19.99ドルで海外で発売予定。国内向けのリリースについては伝えられておらず、続報が待たれるところです。  

Posted by chopnhoang at 16:52Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース