2017年11月17日

12・2W杯抽選会 日本の理想の組分けは?

18年W杯ロシア大会に出場する32チームが出そろった。15日に大陸間プレーオフ第2戦が行われ、ペルー(南米5位)が最後の出場権を獲得。ホームでニュージーランド(オセアニア1位)を2―0で下し、2戦合計2―0で9大会ぶり5回目の本大会出場を決めた。1次リーグの組み合わせ抽選会は12月1日(日本時間同2日午前0時開始)、モスクワで開催される。スポニチは日本にとって“天国”と“地獄”の組分けを予想した。

【写真】18年W杯ロシア大会1次リーグ抽選ポット分け。日本は第4ポット

 出場32チームが決まり、次の注目は1次リーグの抽選となる。2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指すハリルジャパンの運命を大きく左右しそうなのが、第2ポットのスペインだ。

 抽選のポット分けは、前回ブラジル大会は第1ポットだけFIFAランク上位でシードとし、残り3ポットは地域別に分けられた。今回は10月16日時点のFIFAランクで出場全チームが“実力順”に格付けされ、日本は出場チームで最も下位の第4ポットに入ることが決まっている。1次リーグは各ポットから1チームずつの計4チームで争うため、日本は格上の3チームと対戦することになる。

 10年W杯優勝のスペインはFIFAランク8位で、開催国ロシアと同上位7位までが入る第1ポットから漏れてしまった。今欧州予選でイタリアを2位に追いやり無敗で1位通過した強豪が入った組が、今大会で最も過酷な“死の組”となることが濃厚だ。15日付のアルゼンチン紙ナシオン(電子版)は「(第1ポットの)アルゼンチン代表にとって厄介な相手となるのがスペインとイングランド」と警戒しており、日本も同組は避けたい。

 一方で“天国”となり得るのが、開催国ロシアと同組になることだ。FIFAランクのポイントが高い予選がないとはいえ同65位は出場32チームで最下位。今夏のコンフェデ杯もニュージーランドには勝ったが、ポルトガル、メキシコに連敗し1次リーグで敗退した。チームは国内組中心で、かつてのFWアルシャビンのようなスターは不在。地元の盛り上がりはいまひとつで、プーチン大統領がコンフェデ杯前に「勇者のように戦え」と“注文”を付けたほど。日本が02年大会でW杯初勝利を挙げた験のいい相手が同組となれば、かなり楽な組み合わせとなる。

 【“天国”】▽ロシア FIFAランク65位。国内組中心でスター不在。地元応援もイマイチ。▽メキシコ FIFAランク16位。つなぐサッカーは、日本の堅守速効にはまる。▽チュニジア FIFAランク28位。欧州でプレーする選手は少なく国際経験不足。

 【“地獄”】▽ブラジル FIFAランク2位。優勝候補。日本は10日に完敗し心理面も不利。▽スペイン FIFAランク8位。第2ポット最上位。優勝経験と若手が融合。▽デンマーク FIFAランク19位。第3ポット最上位。プレーオフ突破し勢い◎  

Posted by chopnhoang at 10:05Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2017年06月27日

諏訪部順一&三森すずこ吹替のインド映画が初OA、

インド映画「チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~」日本語吹替版が、7月29日にファミリー劇場にてテレビ初放送。このたび、本作で主要キャラクターに声を当てた諏訪部順一、三森すずこからコメントが到着した。

【写真】「チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~」 (c)Red Chillies Entertainments Pvt. Ltd(他6枚)

本作は、ムンバイで暮らす独身男性ラーフルを主人公にしたアクションエンタテインメント。チェンナイ行きの列車に乗った彼が、停車駅でミーナという女性を助けたことから思いもよらぬ抗争に巻き込まれるさまを描く。「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」で共演したシャー・ルク・カーンとディーピカー・パードゥコーンがキャストに名を連ねる。

諏訪部は「インド映画のアフレコは初めてだったのですが、役者さんの表情の変化やリアクションが本当に大きく、とても面白かったです」と、三森は「初めて実写映画の吹替の挑戦でしたが、自宅で予習をしているときはドキドキしました」とコメント。現在、2人のナレーション入り予告編と三森のメッセージ映像がYouTubeにて公開されている。

なお7月22日には、小野大輔と遠藤綾が日本語吹替を担当した「ロボット(完全版)」が放送される。

チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~
ファミリー劇場 2017年7月29日(土)21:00~23:35

ロボット(完全版)
ファミリー劇場 2017年7月22日(土)21:00~24:10

諏訪部順一 コメント
収録の感想
主人公が全編にわたって登場し、しかも尺も長いので、非常に演じ甲斐がありました。インド映画のアフレコは初めてだったのですが、役者さんの表情の変化やリアクションが本当に大きく、とても面白かったです。

アニメーションと実写吹替の収録の違い
実写の吹替は、人間が演じているところに声をあてるので、その役者さんの表現ありきという部分がやはりあると思います。アニメーションの場合は、自分の表現がそのキャラクターの“オリジナル”となるわけで。その部分は違うような気がします。

今までに観たインド映画について
それほど多くはありませんが、本編の中やエンドロールでもリスペクトされていたラジニカーント主演の「ムトゥ 踊るマハラジャ」は流行った当時に観ましたね。以前はエンタテインメント性が重視されるバラエティ色が豊かな作品が多かったような気がしますが、昨今はヒューマンストーリーも良作が沢山ある印象です。自分が近年観た中だと、「きっと、うまくいく」や、フランスドイツとの合作ですが「めぐり逢わせのお弁当」は面白かったですね。

「チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~」の見どころ
アクション、コメディ、ラブロマンス、そしてヒューマンドラマ。さまざまなエッセンスがちりばめられた、男女を問わずお楽しみいただけるエンタテインメント作品です。いろいろありすぎて見所を絞ることができません。見所は全部です! とにかくいっぱい喋りましたので、ぜひ今回の吹替版をごらんいただけると幸いです。よろしくお願いします!

三森すずこ コメント
収録の感想
初めて実写映画の吹替の挑戦でしたが、自宅で予習をしているときはドキドキしました。しかも今回はタミル語もあるとお聞きしていましたので、どこから(予習を)始めたらいいか分からず混乱していました(笑)。実際に収録が始まってみると、女優さんの表情が豊かで、喜怒哀楽がはっきりしていて、意外と演じ易かったです。

アニメーションと実写吹替の収録の違い
アニメーションと違って生身の人間の声を当てるので、表情から微妙な感情を汲み取り易いところがアニメーションとは違いましたね。また、登場人物の原音となる肉声がありますので、そのお芝居にどれだけ近づけられるか演じてみました。逆に、共通点はアニメーションの時と同じように、声の表情を豊かにすると、より劇中の世界観が面白くなっていく気がしました。

今までに観たインド映画について
インド映画と呼ぶべきかどうかですが、アカデミー賞作品賞を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」が好きです。インド映画は、歌とダンスが要所要所に入ってくるテンポ感が好きで、昔ミュージカルをやっていた身としてはとても馴染みやすいです。

「チェンナイ・エクスプレス~愛と勇気のヒーロー参上~」の見どころ
テンポも速くて楽しみながら観ることが出来る作品です。主人公のラーフルの、ダメ男で頼りない感じもだんだん愛おしくなって、最後にはヒーロー感が増してくるところが見所ですね。劇中に出て来る歌も、ちゃんとストーリーに無理なく挿入されているところもいい! インドの女の子は、こういうところにときめくのか!と日本とは違うインドの文化も垣間見ることが出来ます。そんなところを、是非楽しんでもらいたいと思います。  

Posted by chopnhoang at 16:04Comments(0)TrackBack(0)ニュース